INFORMATION お知らせ

 
Blog

東京で大分に会いましょう。Vol.1 ~復興バー@秋葉原で大分に浸る~

小川 智大(株式会社エンゲージメント・ファースト)

大分県の情報ってなかなか東京にいると入ってきませんよね。

しかし、大分で会いましょう。のプロジェクトに関わり始めてから、東京でも大分県に関するイベントや大分県の料理をメインとしたお店などがたくさんあることに気づきました。

 

大分で会いましょう。東京チームからは、東京を拠点とした大分情報の発信をします!

大分出身の方には、「東京でもこんな大分イベントやお店があるんだ!」という気づきになり、大分が少し気になっている方には、もっと興味を持ってもらえる情報になればと思っています。

 

この企画は「東京で大分に会いましょう。」と名付け、「大分で会いましょう。」のスピンオフ企画として月一回投稿します。ご期待ください。

 

さて、その第一回目は8月31日に開催されました「みんな元気になる復興バー(平成30年7月豪雨応援イベント)」をご紹介します。

 

 

 

宮城県石巻発の「復興バー」

 

復興バーという、少々不思議な名前のバーは、宮城県石巻市の商店街にあります。

10人も座れば一杯になってしまう小さなバーですが、世界中から来たお客さん、ボランティアの方々の交流の場となっており、未来への熱い会話を交わしています。

 

ISHINOMAKI2.0 代表理事の松村豪太さんが数人の仲間と一緒に、天井まで浸水した商店街の店舗をDIYで修復・改装し、2011年7月にオープン。

 

 

 

みんな元気になる復興バー(平成30年7月豪雨応援イベント)

 

そんな石巻の復興バーを石巻以外のもっと多くの人たちに伝えたいという思いで始まったのが、みんな元気になる復興バー(平成30年7月豪雨応援イベント)です。

大分県も被害が大きかった西日本豪雨の復興を応援する形で、東日本、熊本、大分の仲間があつまり、各県の美味しいお酒、旬の食材を食べて飲んで騒ぐだけで寄付につながる仕組みのようです。

 

復興バー@秋葉原の司会を担当したのは、被災地復興のボランティア活動に取り組む大分市出身のプロデューサー、石川淳哉さん(55)さん。

参加者は、岩手県、宮城県、福島県、熊本県、大分県の食やAVE FUKUSHIMA LIVEさんの心に響く音楽を味わいながら、被災地で頑張るボランティアや住民の方々にエールを送りました。

 

石川 淳哉

1962年大分県生まれ。ソーシャル・バリュー・プロデューサーとして、世界のさまざまな社会課題を解決するために、クリエイティブの可能性を追求する人生と決断。主な仕事に、書籍『世界がもし100人の村だったら』、イベント「2002 FIFA WORLDCUP PUBLICVIEWING IN TOKYO」、ピースアートプロジェクト「retiredweapons」、311復興情報配信プロジェクト「助けあいジャパン」、アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」などがある。自宅に太陽光発電を導入、EV車にシフト。出身地大分県別府市で温泉力発電を開発中。御殿場市の富士山麓で完全無農薬野菜生産中。

 

 

大分県はなんでも良いところ

 

 

伊藤彩子さん(写真左)

大分市出身 鎌倉在住。2015年4月より、大分県の移住コンシェルジュ就任。

東京交通会館8階「ふるさと回帰支援センター」の「おおいた暮らし相談窓口にて大分県の移住希望の方々の相談にのっている。NPO法人大分人祭り理事長や竹田市東京事務所副所長などで大分の発信を積極的に行っている。

 

大分県のブースでは、カボスボールを紹介していました。

カボスボールとは、大分県産のカボスと焼酎「西の関」を使ったカクテルです。

西の関の深い味わいとカボスのさっぱり感がマッチし、ゴクゴク飲めちゃいます!

 

こちらの大分県ブースの周りには、大分出身の方々が多く集まっており、お酒を手に、トークが盛り上がっていました。

 

大分ブース周辺に居た方々に「大分県の良いところ」を聞くと

 

「なんでも良い!とにかく人がフレンドリーで、移住した方々も、失ったものは何もなく、得たものばかりと言っています!」

 

「海のモノも山のモノもすごく美味しい!」

 

と仰ってました。

 

 

※ライブ配信にてご紹介したイベントの様子はこちらから

 

東京で、大分の方言やトークティブな雰囲気を感じることができるのは新鮮でもあり、懐かしくも感じますね。今後も、東京から大分を発信するイベントやお店をご紹介していきます!

 

 

================

 

東京でも、大好きな大分の雰囲気を感じることができる場所はたくさんあるみたいですね。

今後も東京でもイベントレポートを発信しますので、是非チェックしてみて下さい!

 

また、「東京で大分関連のイベントを開催するよ!」って方は、お問い合わせよりご連絡頂ければ、伺いますので、ご紹介ください!