INFORMATION お知らせ

 
Blog

東京で大分に会いましょう。Vol.5 在京大分県人会90周年記念式典に突撃!

小川 智大(株式会社エンゲージメント・ファースト、「大分で会いましょう。」メディア運営担当)

大分で会いましょう。東京チームからは、東京を拠点とした大分情報の発信をします!

大分出身の方には、「東京でもこんな大分イベントやお店があるんだ!」という気づきになり、大分が少し気になっている方には、もっと興味を持ってもらえる情報になればと思っています。

 

さて、第5回目は、品川のグランドプリンスホテル新高輪で10月27日(土)に開催されました、「在京大分県人会創立90週年記念式典」をご紹介します。

 

 

 

在京大分県人会とは?

 

東京や東京近辺に住んでいる、もしくはお仕事をされている大分県出身者や大分県にゆかりのある方々による組織であり、会員は1,000名以上だそうです。在京大分県人会では、総会や新年会、講演会、親睦旅行、ふるさと大分の発展に寄与する事業等を開催しているようで、在京以外にも関西エリアの各県や東海エリア、九州他県、更には海外の20箇所以上で県人会が設立されているようです。

 

 

 

創立90周年記念式典

 

今回の創立90周年記念式典では、大分の各市町村出身の在京県人1200名以上の方々が大集合しました。グランドプリンスホテル高輪台「飛天」のメイン会場では、各市町村のテーブルやステージ、音響設備などが整えられ、記念式典の盛大さを物語っていました。

 

※90周年記念式典のメイン会場。

 

開会では、日本を代表する太鼓奏者の大倉正之助さん、全盲のギタリスト田川ヒロアキさん、三味線集団「疾風(はやて)」に所属する大分市出身の匹田大智さんといった豪華メンバーによる「君が代」の生演奏が披露されました。

 

 

乾杯後、日本を代表するサックス奏者マルタさんによる演奏、大分出身の7人の歌手らによるメドレーも披露され、参加者の方々は、大分の食材を使用した料理や焼酎などの、ふるさとの味を楽しんでいました。

 

また、式典の最後には、今回の目玉イベントでもある、南こうせつさんによる「大分への想い」をテーマにしたスペシャルライブが開催!

 

素晴らしい歌と音楽への余韻を残しながら、記念式典は閉幕しました。

 

 

 

ふるさとブースが勢揃い

 

別会場では大分県の各市町村から県産酒や物産の販売、地域PRを行う「ふるさとブース」も出展し、多くの在京県人で賑わっていました。

今回は特別に「大分で会いましょう。」ブースも設置させて頂き、在京の「oita.love」な方々にPRをさせて頂くと共に、「大分で会いましょう。」缶バッジやステッカーを配布させて頂きました!

 

※お立ち寄りいただいた皆さん、缶バッジとステッカーを付けて、ぜひ東京でもPRお願いします!!

 

また、メイン会場や各ブースでは、「大分で会いましょう。」ボードを手に、記念撮影をさせて頂きました。

 

※ご協力ありがとうございました!

 

※司会の廣道純さん、中尾美穂さん、歌う応援隊のヒトミリリィさんなど、多くの方にお写真を頂きました!

 

 

 

各市町村からのPR

 

最後に、出展されていた各市町村の方々にPR動画を撮らせて頂きましたので、ご紹介します!ご協力頂きました、各市町村の方々、本当にありがとうございました!

 

■杵築市

■日出町


■国東市

■豊後大野市


■日田市

■佐伯市


■宇佐市

■別府市


■大分市

 

今後も東京からイベントレポートを発信していきますので、是非チェックしてみて下さい!

 

 

================

 

東京でも、大好きな大分の雰囲気を感じることができる場所はたくさんあるみたいですね。

今後も東京でもイベントレポートを発信しますので、是非チェックしてみて下さい!

 

また、「東京で大分関連のイベントを開催するよ!」という方は、お問い合わせよりご連絡頂ければ、伺いますので、ぜひご紹介ください!