INFORMATION お知らせ

 
Blog

プロジェクトチームの愉快な仲間たち

市川靖子(株式会社いろいろ代表、「大分で会いましょう。」ディレクター)

「大分で会いましょう。」プロジェクトをどんなメンバーで実施しているのか皆さんにお伝えしたく、今回のブログはいつもと少し趣を変えてお届けします。

 

 

 

まず、トップバッターは映像担当 SAF AND CAFのシブヤさんとカワイさん。

あんまり前にでたがらない職人気質の二人。綿密な打ち合わせや過酷なロケハンにも愚痴一ついわず、シブヤさんの現場を支えているカワイさん。

いつの間にこんな素敵な表情を撮っていたんだろうと、毎回驚かされる素敵な映像を撮ってくださるシブヤさん。他のプロジェクトでもぜひ彼らに撮影をお願いしたい、と思わせるクオリティの保持者です。

 

 

 

ウェブ担当の田中さん

まだパソコン越しでしか会話をしていない、松田プロデューサー以外は誰も会ったことがない田中さん。みんなのバラバラのお願いごとを3秒で片付けてくれるスーパーハイパーウェブ担当です。

いつもは愛媛にいるのですが、あまりにも迅速に作業してくれるので実は大分にいるのでは??という気持ちになります。

 

 

 

アシスタントの那波(なわ)さん

なんとなーくのんびりしがちなプロジェクトチームのスケジュールをビシッ!バシッ!と管理してくれるしっかり者です。

誰も信じられなくなっても那波さんだけは信じられる…。みんなきっとそう思っているんじゃないかな。

歌がとても上手で美人。大分でライブやったらいいのになあといつも思っています。

 

 

 

大分県内のコーディネートをお願いしているカモシカ書店の岩尾さん。

「まずカモシカに行け、岩尾に会え」というのが大分初心者への教訓。

今回のプロジェクトは「人」に会うことが重要になります。

ネットワークも広く深い岩尾さんは、今回のプロジェクトに入れない理由はありませんでした。大分各地のキーパーソンに会いたければ、すぐ岩尾さんに相談します。でも、大分の一番のキーパーソンって実は岩尾さんなのかも。

 

 

 

デザイナーの長門さん

このプロジェクトのチーム編成の相談を岩尾さんにしたその日の夜に紹介していただいたのがデザインマップの長門さんでした。

物腰柔らかく、「この人センス良いんだろうな空気」をさりげなく漂わせるツワモノです。「大分で会いましょう。」のあのロゴはこの長門さんの手書きによるもの。バンドも組んでいるそうですよ。それから、私と長門さんは誕生日が同じなので運勢共同体です。

 

 

 

このプロジェクトのポスターを飾ったあの人です!長門さんのボス、麻生さん

長門さんと同じ日に夜合流していただいて、ボス同士が意気投合したのもあり、このダンディなおじさまがプロジェクトに入ればきっとうまくいく!と鼻息を荒くしていましたが、実は私は麻生さんとは行きつけのバーで何度かお会いしていたようです。お酒って、怖いですね。麻生さんもバンドをされているんですよね。

 

 

 

小川さん

KGIとかKPIとかSNSのよくわからない世界の最先端のことをしている会社に属している、小川さん。APU出身とだけあって別府を歩くといろんなひとに声をかけられます。チーム最年少ですがどんなハプニングにも動じない安定感は最年長クラス。

そして最強の雨男。強烈な晴れ女の私と、いつも大分で攻防戦を繰り広げています。

 

 

 

原さん

小川さんのボス。いろんな企業ともお仕事をされているので原さんのお話はいつも勉強になります。大分にとって優良な情報をたくさんお持ちです。ポール・スミスとジョン・レノンをこよなく愛し、風貌もジョン・レノンっぽい原さん。そこにいるだけで場が和む、そんなお人柄です。原さんも歌が上手ですね。

 

 

 

さあ。ラスボス登場です。このプロジェクト全ての統括者、松田さん。

最近はプロジェクトチームをはじめ方々で松P(マッピ=松田プロデューサー)と呼ばれるほど大分に浸透(進出?)してきました。日本全国を駆け巡っているため我々チーム内での会話は「松田さん今どこですか?」から始まります。本当に様々なプロジェクトを全国で展開しているので、私たちも含め、大分の若い世代の人たちにも勉強になることが多いのでは。無類のスナック好き。

 

 

以上、「大分で会いましょう。」プロジェクトチームのご紹介でした。
このようなメンバーで運営しております。
街中で見かけたらぜひ一声かけてください!

アーカイブ